一定期間更新がないため広告を表示しています

▲TOP | - | | -|-
もうかれこれ、世間でいうブロガーが活躍する前はHP作成全盛期だったころがあったと思うのですが、例に漏れずその時代から活動しておりまして。ふみコミュニティのWeb大賞とかにエントリーしてがんばっていた若かりしころもありました。その後一気に衰退してから、使っていたたださぁばやめがね部.com、FREESPACEのサービス停止にも負けず地味に地味にブログとは別に手打ちのサイトを作ってきておりまして……。現在は独自ドメインを使いサーバはロリポップさまにお世話になっているのですが、ここ数年放置にも程がある感じで放置しておりまして、とりあえずまだ諸々調整必要な部分がかなりあるのですが(なぜかローカルでは正常に機能しているのにアップロードしたらパララックス効かなくなったりとかフォントファミリー指定している部分が私の環境では盛大な文字化けをしていたりとか)とりあえずテストページを開通させております(避難所として使用しているfc2のコンテンツの移行作業が済んでいません)。今回は通常ページに加え恐らく今後もごくまれに更新しそうだなぁという部分はWordPressを並行して作れたらと思っているのですがなかなかうまくいかなくて困っております。もういっそお金払って構築だけやっておらったほうがどれだけ楽なのか……と頭をよぎることもありますがまだしばらくは人件費かけずやっていこうと思います最悪素材は自分で作るから構築だけ誰かやってほしい本気で……。というわけでしばらく開通しておりますのでもしよろしければ。

■テスト中公式
http://skiar.net/

■めがね部時代のデータ保管公式(fc2)
http://skiar.web.fc2.com/
▲TOP | Web | 22:08 | comments(0)trackbacks(0)
顔がこぎれいな子が多くて見ていて大変幸せだったのですがセミプロ感強い子いっぱいいてすげぇ楽しいです! 最近の若い子はみなさま顔がととのっていて同じ顔にしか見えないのがつまんなくて悲しいです制コレ04の特設さいとがFlash的なのがバリバリでなぜかデフォルメキャラ推ししていたような記憶があるのですが正しいでしょうか? 懐かしい思ひ出ですね。ミスiDの色モノ感には若干辟易していたので早く結果が見たいです! って今は言っているのですが結果発表の段階で手のひら返しする可能性が120%くらいあると思うので申し訳ないです。
▲TOP | 生物 | 01:56 | comments(0)trackbacks(0)
姉にすすめられ、現在二次元界で旋風を巻き起こしているラブライブ! をスクフェスからはじめイベントは全力で走るくらいのラブライバーにまで成長しました! でもアニメはまだ見ていません! でも曲は毎日聞いています! 元気っ子好きになることなんてないのになぜか星空凛ちゃんに心奪われつつある自分がいますでもアニメで人となり見ていないのでまだ変動するかもしれませんパッと見ではことりかわえ〜な〜と思っていましたちょろくてほんとスミマセン。もぎゅっとのエリーチカがかわいすぎて発狂した! 何あれ! 声優の寺島さんがと羽多野さんがやられているラジオのまとめを拝聴いたしましてすっかりラブライブ! わかったつもりでいますがほんとすみませんアニメ見ていないんで何にもわかっちゃいません! 凛ちゃんかわいいね! 現在ランクは65ぐらいです(スクフェスの話です)。全作詞を神こと畑亜貴さんがやっているのですがこの人本当に天才というか頭おかしくて最高だと思いました。今日本音楽界で二大奉りたい人はつんく♂と畑亜貴です。そんで3rdのLIVE DVDを見たのですがなぜかμ'sのメンバーがPerfumeに見えました。ド新参で特に過去ログ遡るような勉強も何もしておりませんがただの肌感的なところで二次元アイドル界のPerfumeだと思いました(規模感の変遷具合とかが)。Perfumeのツアーがはじまるようですのでのんびりと定点観測させていただければと思います。あと今週はTOKIO@埼玉に行ってくるので今から楽しみで仕方ありません新谷良子初Blu-ray購入いたしましたがryoさんが多少なじんでくれてよかったあとやっぱりあの形態を10年続けることができたというのは評価はされなくてもいいけれどほかの声優で歌手デビューしている人たちはしっかり見てもらいたいなと思いました。ランティス祭りに期待! あとあとあとあとsyrup16g復活本当ありがとう五十嵐やっぱ死にきれなかったのねおかえりありがとう! 近況報告でした。
▲TOP | 音劇 | 01:35 | comments(0)trackbacks(0)
Twitterでちょっとだけ触れたのですが、最近自分がうんこする度にすごいセンチメンタルな気分になるんですけど末期なんでしょうか。私が働いている会社の先輩が揃いも揃って皆美人なので、トイレで鉢合わせすると「あぁ、こんな可愛い先輩も生きるためにはおしっこするし、うんこもするんだよね……私がうんこしたあとで、この先輩もうんこするかもしれないんだよね……」とか思うようになっちゃって。心理としては「私とあの可愛い先輩は体の構造は同じなんだよな……でも何で私はこんなちんちくりんな体型+顔面なんだろう」みたいな心境的な。ちょっとした嫉妬的な。顔面とか体型がここまでちがうのなら、いっそのこと体の構造もちがっていてほしいみたいな願望なんでしょうか。してみると、よく「アイドルはうんことかしないもん!」って銀魂の新八も言っていたかと思いますが、この気持ちが何だか少し分からなくもない気がしてきたのですよ。今まで「アイドルもうんこだってすんだよwwwwwwwwwww」とやや嘲笑していたのですが、「あぁ。アイドルみたいな少しあこがれたりするような対象であるはずなのに、表面の構造がちがっていても根底の構造が同じということを図らずも認めなきゃいけなくなるんだなぁ」と思いまして、だからアイドルとかそういう人たちはうんこというかトイレの個室でふんばっていたり「やばー便秘気味ー」みたいなこと言ってほしくないし想像したくないという気持ちがわかるようになってきました。まゆゆがトイレでふんばってふんばりすぎて肛門切れそうになるところとか想像したらちょっと興奮しますよね。トイレの水がたまる部分の上でうんこがにょるんとなる部分に監視カメラとかつけたらスカトロマニアにはたまらないんじゃないんですか。あれっ何か話変わってきた。アイドルだってうんこするんですよね! 結局は!
▲TOP | 戯言 | 20:15 | comments(0)trackbacks(0)
すごい今更感なのですが、花澤香菜の1stアルバム「claire」が声優業界のアルバムの中で久々に稀に見る名盤だったので(あ、新谷良子除きます)ちょっとした感想をば。花澤さん新しいアルバム出るみたいですし、タイムリーですよね!
アルバム全体の軸的な感想としては「花澤香菜の天性(笑)の声質を最大限に活かした、良質なポップソング」みたいな感じです。オサレ系の楽曲で勝負しようとするアイドルたちがこういう曲をよくあてがわれて歌っていますが、このアルバムに関しては、ちょっと異常なまでに楽曲制作陣のヤル気というか気迫が伝わってきて何だかとんでもないことになってます。花澤さんもそんな制作陣の鼻息荒い感じを察したのか察していないのか「やらされている感」はなく、自分の持っている歌唱力をちゃんと咀嚼して、その上で楽曲を活かした歌い方を意識しているみたい(と少なくとも思いました)。下手に「上手く」歌おうとする子って実は多いけど、それが障ることって往々にしてあるんですよね。女子流ちゃんのように幼さ故の歌い方のアンバランス感を楽しむパターンももちろんありますが、「claire」の楽曲に関してはアンバランス感よりも曲にいかにして「馴染む」か、または声自体を「楽器」みたく紛れ込ませるかによって全体の楽曲雰囲気は大きくちがうことになっていたと思います。ありえない例えだと水樹奈々が「claire」の楽曲たちを歌った場合、曲の持ち味が殺されかねません(そもそもこういう曲を奈々さまが歌うかっつー話になりそうなのであんまり深くは言いませんが)。まぁ何が言いたいかって、「花澤香菜」が「花澤香菜」であるための楽曲と、コンセプトをしっかりと持って取り組んでいるのがひしひしと伝わったんですよっていう話です。基本的にある程度売れた声優がCDデビューすることにやや懐疑的というか不信感を持っているというかあまりいい印象は持たないタイプでして、そこに本人の意思が感じられなかったり、やっつけ感丸出しなことが少なくないからなんです。もちろん本人の意向とは別に単純に売れなかったからもう出さない、というのもあると思うんですけど(スタチャ、ランティス系は特に)そういう売り出し方をするならするでも、世の中に出すんならそれなりのものは出して欲しいっていう感じなんですよ。何かもう何言ってるのか分からなくなってきた。私は決して白石涼子とかをディスりたい訳ではありません。
そんな訳で「claire」、基本捨て曲なしの楽曲揃いですが、個人的このアルバムのお気に入りは「眠るサカナ」。その他「シグナルは恋ゴコロ」、シングルにもなっている「Silent Snow」あたりが好きです。「新しい世界の歌」は、超絶スルメ曲でした。冒頭イントロで「んー、こういうララララ歌って爽やか醸し出しているのあんまし好きくない!」とiPodでも飛ばしていたのですが、途中からすげー好きになっていた。曲調はテンポやや早めの王道ポップソングで、「お空の下、芝生で皆でタンバリン持ってピクニックしながら森の動物さんたちとシャボン玉ふわふわの状態で唄う」みたいな曲。「滲む空を見つめて祈る あなたに笑顔が絶えぬように 叶えてくれない神様ならいらない」からのサビがとてもいいです(真顔)。「眠るサカナ」は、古川本舗というこのアルバムに制作している人の中では若手クリエイター。ここまで全く触れていなかったのですがクリエイター陣の多くはいわゆる「渋谷系」畑出身の方々で、そんな中渋谷系全盛期の時代にもまれてきた人たちと一緒に「claire」の世界観をつくっているのってなんつーかすごいですよね。現代すげー。
「夜がきた 眠れずに 今日も 雨降り、降り、振られて。」という出だしの歌詞は逸脱。この曲深夜にベランダで煙草吸いながら黄昏ごっこしつつ聞くと意味もなく泣きそうになります。病気。
そんな訳でまったくアルバムのよさが伝わっていない感想ではありますが、とりあえず「claire」すげー名盤なんで興味があったら一度聞いてみるといいよ!(書き逃げ&やり逃げ)
あと蛇足ですが声優グランプリ2月号の表紙の花澤さんを見て「こいつポスト坂本真綾狙ってるん……?」と一瞬だけ思いました、が、一瞬だけですよ。相変わらず篠田麻里子が坂本真綾に見える病気にかかっているミロクでした。あと「claire」はライブ映像ではなくCDで聞いて! 理由は真剣にお察しください。

claire
claire
▲TOP | 音劇 | 19:34 | comments(0)trackbacks(0)
黒バラが関東地方では本日最終回・・・
信じられなさすぎて終マークに最初気づかなかったよ。

私就職に伴って転居してまだネット環境イマイチなので携帯からこの記事書いてますが手がふるえてます。
確かに近頃トークが増えてイマイチに感じることもあったけどここ1年程は持ち直してたのに。

とりあえずネット環境整って落ち着いたら本当にこのことに関してはがっつり書かせていただきますが、一つ言えることとしては黒バラは私の青春でした。番組初期キャラクターのカバンのあいつとか物知り主婦かずえの頃から見てて毎週欠かさず見てました。VHSで撮り溜めてました。我が家にレコーダーがきてからはHDDに撮り溜めてました。暇さえあれば黒バラ見てました。

黒バラはわたしの青春でした。
きっといっしょうわすれない。

わたし、明日から社会人になるらしいんですが、そんなことどうでもよいよと思ってしまうくらい私にとって黒バラは大きな存在でした。

ドラマと違っていつ終わるかビクビクしなきゃいけないのがバラエティなのは分かってます。でも何でか黒バラはずっと続いてくれると思ってたんだけどな。

もし、復活することがあるとしたら、今度は知ちゃんが横にいてくれると良いな。中井しゃん、知ちゃん、まゆげ、かっちゃん、この頃は出てくれなくなった嶋さん、さいとう、つっちーとかで復活1本目やって欲しいな。

浩二さんWBCお疲れ様でした回をやってくれると思ってたんだけどな。叶わない夢になりそうです。

ちょっとまだ頭が混乱してる・・・
まとまらないよ・・・
明日入社式なのに・・・

黒バラは私の青春でした。
とりあえず今から泣いてきます。
▲TOP | 雑話 | 23:45 | comments(0)trackbacks(0)
私、卒論なんですが、紆余曲折を経てBLになったんですけど。何で?

それとは話変わるんですが、いや、ちょっとはかぶってるんですが。今個人的「オモシロ」なBLナンバーワンだと思ってるのが、ポールという方が描いていらっしゃる「東京心中」っていう漫画なんです。この面白いって何だろう、ヤマシタトモコとか秀良子作品とかの「面白い」とかじゃなくてですね。同人作家さんみたいなんですけど、電子書籍で東京心中が配信されていて。試し読みの段階で「お、こりゃおもしろそうだぞ」と思ってたんですが、いやーアタリでした。生まれて初めて電子書籍で購入したのが「東京心中」シリーズですよ。

んで、この「東京心中」。
どうやら茜新社に見つかっちまったみたいです。EDGE COMIXからコミックスが出るっぽいんですよ。
私自身も紙媒体で読みたいと思ってたので嬉しい限りでございます。さらに、あの「同級生」シリーズを世に送り出したOPERAで(今BL雑誌ではOPERAとonBLUEがアツいです。OPERAでルネッサンス吉田さんの姿見なくなったんですけど大丈夫でしょうか、ルネッサンスさんは生きてらっしゃいますでしょうか。非常に心配です。)、かきおろしが掲載されてるっぽいんですよ!OPERA vol.36!!どうしよう!!読みたい!!お金ない!!!

東京心中のレビューはまた余裕があればそのうち。
今はオススメするだけで精一杯です。卒論がやばいんです。まじで。



ポールさんの日記
http://32126159.at.webry.info/
▲TOP | 漫画 | 01:11 | comments(0)trackbacks(0)
今、「新谷良子楽曲でスタメン組んでみた」っていう記事を絶賛執筆中なのですが、それよりも、この話題先にふれとかなきゃなぁって思い立ちましたので。

名古屋が生んだ伝説的バンド、Sick of recorderが今年から活動復活したんですよね。私は姉のおかげでこのバンドを知ったのですが時代が時代だったら天下取れてるだろうというバンドだったわけですよ。その頃のことはよく存じ上げてないのでアレなんですが。そんな訳で11月22日だったっけな?名古屋クアトロでSick of recorderがライブするというので行ってきました。ひとりで。なんていうか、音源だけでしか聞いたことの無かったバンドを、しかも活動休止(YO-MA?みたいな活動もしていたらしいですが)してたバンドの、復活した姿を肉眼で見るということを初めて経験したのでなんだかライブ中もふわふわしてました。なんつーか、もっと売れてたり人気があるバンドの復活に立ち会った的なことに参加したことはないけれど、それでも私にとっては奇跡の瞬間をこの目で見ることが出来た貴重な日だったなぁ。年内には新曲も出るみたい。楽しみ!久しぶりに活動を追っていたい!と思うバンドが私の前に現れてくれたよ!sfpも活動休止しちゃったしね・・・。
今お気に入りのバンドは凛として時雨とnumber0とソロですがCurly giraffeでっす。ここにSick of recorderも加わるね。うれしいね。わたし、卒論やらなきゃね。
▲TOP | 音劇 | 19:22 | comments(0)trackbacks(0)