<< ( ´Å`)ラブライブとμ'sとサロン脱毛と | main | アイドルネッサンスが尊すぎる(「アキバで想い出トラベルネッサンスvol.2」感想途中まで) >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲TOP | - | | -|-
名古屋、東京行ってきました。

私がクソ新谷良子ヲタだということはもう大体の人がご存知だと思いますが、2年振りのツアーということで本当ここ最近仕事立て込んでいたのですがこれだけを生きる希望として日々過ごしておりました。結論的には「新谷良子界隈全員愛してる!」みたいな感じになりましたよね。セトリは古参歓喜かつ新規取り込んだであろうロストシンフォニー、ハリケーンミキサーなども取り入れていて本当新谷良子わかってる……と泣きそうになりました。ハリケーンミキサー実は私そんな好きではないですけど。あと私どちらかというと新谷良子はもちろんなんですがPBBの仕上がりを毎年楽しみに見ておりまして、今年は新入りのvery goo期待の若手・睦月くんだけでなく4年振り登板のヒロくん(村田一弘)、前回から引き続き参戦のりょぺす(荒幡亮平)、安定のまこっちゃん&みっちゃんという盤石の布陣でなんかもう本当ありがとうございます……! みたいな。もう死にそう。中でもvoyageからのりょぺすがここ最近のゴリゴリ系メンバーが目立ったPBBの中でやわらか系ボーイで年齢を重ねたりょーこに寄り添うような感じでいい風持ってきてくれた。またね、もう超客目線だし真意はなんとも言えないのですがりょぺすとてもりょーこのライブ楽しんでくれている感じが伝わってきて本当泣きそう。サポメンがすごく楽しんでいる様子を感じ取れる雰囲気作り上げるのって、マジ10年培ってきたりょーこの積み重ね感じた。今年も要堂さんの長すぎる(いい意味で)メイキング期待していていいですか!?

ファンシー☆フリルのりょーこに本気で哲学感じた。振り付けを恥ずかしそうにやっているんだけどそれがでも全然手を抜いているように見えなくて、34歳のりょーこでしかできない魅力を出していてもうりょーこという存在にカタルシス感じた。あと絶対にりょーこはHello! Hello!お気に入りなんだと思う。私も好きですけど。ていうかね、セトリに対してのこだわりは毎年本当頭下がるなーと思います。すべてのファンが歓喜するセトリはやっぱりどうしても難しいと思いますが、概ねほとんどのファンが納得するセトリを毎年持ってくるのって実はすごいことだと思う。セトリの流れもちゃんと物語作ってて本当りょーこ推せる。各会場きっちり日替わり曲入れてくるのも
評価してあげたい(超上から目線)。

以下ハイライト所感箇条書き
・34歳という年齢の現実に向き合っているりょーこ推せる。でもニーハイはきっちり仕込んでくるあたり推せるよね
・MCの揺るぎない安定感。そうだよねーMCってダラダラ長く喋るんじゃなくて適度な長さって大事だよねー変なコーナーとか作らなくていいよねー
・恋の構造、ファンシー☆フリル、Pretty good!!という初期名曲を惜しげもなく披露。振りつきりょーこいいよ!
・インスト2曲ムダに格好いい
・まこっちゃんのアレが心配(3階バルコニーから見て)
・キーボード入ることで落ち着き感じて今の等身大のりょーこに合ってる。今後ともぜひキーボードは外さないでいただきたい
・みっちゃん相変わらず好みのベースな上に存在が推せる
・ヒロくんのドラムはヴィジュアル系のドラム感ゴリゴリ
・衣装はカジュアル感のあるやつきゃわわ
・女性ファン増えた?
・HOPING DICE(スペル合ってる?)でステージ前に4人並んだときPBBありがとうってなった
・CPSHは3階バルコニーから見たとき圧巻だった。10年の積み重ねやっぱすげえよ……スノハレにはまだまだ負けてらんないって感じですよマジで
・トリックスター好みのアレンジでした
・今年のライブは総じてりょーこの「ついておいで!」感があってよかった
・りょーこ儚い。ステージの上に立っていてこんなに儚い人初めて見た(@名古屋ライブ一緒に見てくれた姉談)
・HAPPY END聞きたかった……
・アンコールからのWアンコールまでのスパン短すぎてウケた
・一緒に振り付けやってくれるりょぺすきゃわわ
・PBB尊い
・りょーこ尊い
・プロデューサーから櫻井さん抜けたの? と思って少しドキドキしてたけど一応スタッフ欄に名前載っててホッとした
・ついにうえのさんからげんきくんに完全にバトンタッチした模様(音響)
・ゆっきいる?
・メンタル的に、あとレーベル的に可能性は低いけどやっぱりアニサマにソロで出てほしいな、と思う

ほかにもいろいろある気がしますが取り急ぎこんな感じ。
気が向いたら追記!
▲TOP | 催物 | 02:06 | comments(0)trackbacks(0)
▲TOP | - | 02:06 | -|-
 
Comment...
Do! Comment...









この記事のトラックバックURL
http://skiar.jugem.jp/trackback/258
TRACKBACK