黒バラが関東地方では本日最終回・・・
信じられなさすぎて終マークに最初気づかなかったよ。

私就職に伴って転居してまだネット環境イマイチなので携帯からこの記事書いてますが手がふるえてます。
確かに近頃トークが増えてイマイチに感じることもあったけどここ1年程は持ち直してたのに。

とりあえずネット環境整って落ち着いたら本当にこのことに関してはがっつり書かせていただきますが、一つ言えることとしては黒バラは私の青春でした。番組初期キャラクターのカバンのあいつとか物知り主婦かずえの頃から見てて毎週欠かさず見てました。VHSで撮り溜めてました。我が家にレコーダーがきてからはHDDに撮り溜めてました。暇さえあれば黒バラ見てました。

黒バラはわたしの青春でした。
きっといっしょうわすれない。

わたし、明日から社会人になるらしいんですが、そんなことどうでもよいよと思ってしまうくらい私にとって黒バラは大きな存在でした。

ドラマと違っていつ終わるかビクビクしなきゃいけないのがバラエティなのは分かってます。でも何でか黒バラはずっと続いてくれると思ってたんだけどな。

もし、復活することがあるとしたら、今度は知ちゃんが横にいてくれると良いな。中井しゃん、知ちゃん、まゆげ、かっちゃん、この頃は出てくれなくなった嶋さん、さいとう、つっちーとかで復活1本目やって欲しいな。

浩二さんWBCお疲れ様でした回をやってくれると思ってたんだけどな。叶わない夢になりそうです。

ちょっとまだ頭が混乱してる・・・
まとまらないよ・・・
明日入社式なのに・・・

黒バラは私の青春でした。
とりあえず今から泣いてきます。
▲TOP | 雑話 | 23:45 | comments(0)trackbacks(0)
高垣彩陽が真綾クラスになってくれると信じてる、という内容のツイートを拝見した際に思ったこととして「それは無理だろう」と思いました。まず定義としてその真綾クラスというのは集客なのか、それとも活動内容の質、内容のことを言っているのか、はたまたファン層の広さを指しているのか。そこらへんは分かりませんがどの角度から見てもまぁ無理だろうと思います。例えこの1、2年以内でホールツアーを成功させたとしても、それは一過性のもので、10年単位で続く可能性は極めて低いと考えています。皆さんご存知の様に坂本真綾というのは些か特別な存在であります。現段階で(歌手活動メインの)女性声優のトップに君臨しているのは間違いなく水樹奈々でしょう。紅白にも連続出演し、音楽番組にもコンスタントに出演しています。この状態だけ見たら水樹奈々は歌手として大成したと思いがちですが、実際の彼女のファンというのは相変わらず声優畑が中心であり、音楽番組に出演していたとしても世間一般の認識としては「声優の中で歌手もやっててオタクの方に人気な人」程度だと思います。その背景としてはライブパフォーマンス、楽曲、衣装、諸々がスタンダードではないからです。アニソンが好きな人だったら水樹奈々の曲を聞いて良いと思うのは至極当然ですが、世間様は受け入れない。音楽ジャンルにグレーゾーンが存在している限り、声優の歌手活動と言うのはいくら実売が凄くても、歌唱力があっても、容姿が良くてもマイノリティの中での人気者となってしまうのだと思います。これと比較して、坂本真綾はどうでしょうか。彼女の知名度自体は水樹奈々同様まだまだだと思います。アルバムで1位をとり、武道館を本当の満席にしたとしても、世間一般の知名度はたかがしれています。ただ、坂本真綾には水樹奈々と比較した場合、いつでも一般層、あるいは「音楽好き」の方へ転がる用意が出来ています。その理由として間違いなく曲の方向性が大きな要因であり、それに付随した彼女のセルフプロデュース力にも関係してくると考えています。彼女は若くして菅野よう子に見出され初期から非常に完成度の高い楽曲を手にしていました。要所でプラチナや奇跡の海など、一般層からしたら受け入れづらい楽曲も歌っているとはいえ、打ち込み系、派手な音が多い印象の声優の曲の中では非常に繊細な曲を出しているイメージが強いです。それと並行して坂本真綾のキャラクター自身も所謂「媚びる」「可愛く見せる」感を感じることはなく、坂本真綾は坂本真綾という印象付けがしっかりなされています。樋口智恵子とのユニットは無かったことにされてますが。声優間の交友関係も謎に包まれており、坂本真綾のファンと言う女性声優は多くても、坂本真綾とご飯食べに行きましたーだとか、そういったプライベートでの報告は他の若手(はたして坂本真綾を若手と言っても良いものか微妙でありますが)女性声優と比べてもファンが確認出来る範囲では非常に少なく感じます。また、坂本真綾の場合は昨今の声優業界では切っても切れない関係であるキャラソンには殆ど参加せず、キャラに坂本真綾の要素を入れるということを出来るだけ排除しており、彼女の歌手活動は「坂本真綾」だけのものになっています。ここら辺のコントロールを無意識にやっているのだとしたら坂本真綾恐るべしです。そして上述でも述べた通り、曲の印象についてです。私の中で一般に入り込めるかどうかというボーダーラインは「車のカーステレオから流した状態でアニメとか全く分からない友人が何も感じなければ一般ウケする」というものです。やはり一番のところはそこなんだと思います。それでも坂本真綾自身もドリカムだとかと比較してしまうと力負けしてしまいます。それはしょうがないと思います。気持ち的には原由子的ポジションがギリギリだと思います。真綾は顔で大分不利な面もありますが一度バラエティとかで盛大にいじって貰えれば吹っ切れるんじゃないかなとか考えてます。
ちょっと話が逸れてしまいましたが高垣彩陽は坂本真綾クラス云々かんぬんに戻しましょう。結論としては「坂本真綾と同じジャンルに入るのは無理」ということでした。高垣彩陽は派手な見た目とは裏腹に非常に真面目で礼儀正しい。その歌声も予想を裏切るようなものです。しかしその驚きは彼女が「甘やかされている声優」だからこそ出てくる反応であり、皆が感動すると思うのです。語弊がある様な書き方なので説明しますが高垣彩陽自身は常に一生懸命やっていると思います。ただ環境が「アイドル声優」というジャンルに勝手に彼女を入れてしまうからこそ、自然と評価が甘くなってしまうのです。アイドル声優に対し厳しい意見を持っている人がいたとしても実際の彼女は「ちゃんとしている」訳だからこそ「あ、このこちゃんとやってるんだ」となってしまうのです。その時点でハードルが一段下がってしまうのです。残念ながら今表立って活動している声優(特に女性)は真面目にやっていてもアイドル声優呼ばわりされ、イベントなので華として扱われ、付加価値ばかりを見られてしまうのが現状なのです。そんな状況下で戦っている高垣彩陽が、アイドル売りから離脱し大成した坂本真綾と張り合うにはどうすれば良いのでしょうか。また、張り合うことのできる可能性はあるのでしょうか。更に坂本真綾という女性像と高垣彩陽という女性像は声優業界においてどの様に違ってくるのでしょうか。次の記事では社会学的観点(主に女性学・消費社会学)といった面から論じて行けたらと思います。あれっなんだこの締め方。
▲TOP | 雑話 | 14:50 | comments(2)trackbacks(0)

声優業界で付き合うなら浅沼晋太郎、結婚するなら安元洋貴という説をもう何年も言い続けてきて最近本当に大学卒業と共に安元が私をお嫁さんにしてくれるんじゃないかっていう妄想が始まりました。病気です。そこでそんな病気を実際に具現化させたらどうだろうと思いまして簡単に妄想上の女の子をWikipediaにしてみました。


佐伯ユウ:

・モデルと声優業、どっちも精力的に活動する女の子(モデルは寺本來可+福井裕佳梨+悠木碧の良いとこ取り的な)

・1988年生まれ

・もともとアニメとか好きな純正オタ。

・世間一般で言う「サブカル」系全部大丈夫。


以下妄想が現実となったWikipediaの画像です。


▲TOP | 雑話 | 01:39 | comments(0)trackbacks(0)
何か私がちょっと現を抜かしている間に世間的にはHTML5とCSS3を使うのがトレンドというかスタンダードになりつつあって私震え上がってます。わたくしがHTMLに慣れ始めたころはFlashがドヤ顔して歩いていたというのに…。世の中的にはもはや「え?この動作Flash使わないと作れないのー?こんな無駄な設定しているの童貞くらいだよねー」みたいな感じで指さされて笑われるんですかね。怖いですね。Flashさんの肩身狭そうで何かちょっとかわいそうですよ。ていうか私全然HTML出来ない人じゃないですかそしたら。スクロール芸出来ないとクリエーター(笑)って名乗っちゃいけないみたいなこの風潮。いや元から名乗ってないですけど。それでもまぁwebデザイン出来なくはないとは思ってたけどもうあかんね。勉強しなきゃだめだね。来年から社会人になるから個人サイト運営する時間あるかどうか全く分からんちんだけどというよりも現段階で卒論がやばいからそっちやらなきゃだけど今年はちょいちょい更新できたら良いなぁと思ってます。ブログとサイト両方。余裕があったらリニューアルとかしたいですね。どうですかね。多分無理だと思いますけどね。最近べるぜバブ読み始めました。
▲TOP | 雑話 | 15:03 | comments(0)trackbacks(0)
私はやっぱりザビビだとかチャット全盛期のあの匿名性が重要視されていた時代出身だった訳で。当時はふみコミュとか0574がそりゃぁもう活発で、写真素材サイトだとかHTMLサイトだとかがもてはやされていた訳ですよ。レンタルサーバも人気過ぎて順番待ちなんてザラだったし、ネットかじる人だったらそういう存在があるっていうのはある意味常識だったし、それが出来ないと「Web出来る」っていう感じじゃなかった。でも、今はなんかブログやって、Twitterやって、Facebookやって、Tumblerやって…そういうツールを活用しまくってる人が「Web出来る」みたいな感じになってるのが凄い違和感。ツールを使うこと自体は悪いことじゃないと思うんだけど、そこに構築するまでのドキドキだとかピクセル単位での配慮とかはない訳で。そういった見えない部分の努力+情報発信というのにときめいているはずだったのに。だからそこには私自身のパーソナリティとかリアルでの存在はあまり関与してなかったと思うの。でも今は何か違うじゃん。このツールを使ってるのは私です、みたいな、そういったネットの中でもリアルの自分を出さなきゃいけないというか、出さないとしても常に背後に自分が見られているというのを考えた上で演出しなきゃいけないみたいな感じが蔓延してるのが凄い嫌なんです。私今就活生なんですけど、就活してて凄いいらっとするのが「ソー活」っていう単語と、Facebook使って会社紹介とかしてる企業(に、いいね!押してる就活生達)。お願いだからこれ以上ネットの「こっち側」の領域に入り込まないで。そう最近思うのです。あと最近TwitterとかFacebook(とかGoogle+とか)の台頭で一時期より下火傾向な気もするブログを新たに開設し出す人、の中で、「Twitterとかだと流動的になっちゃうから、しっかりした文章を書く機会を作りたくて。自分の軌跡を残しておきたくてブログ始めました☆」みたいなのがすげーいらっとする。別にそういう考え方全然ありだと思うし、どちらかというと自分もそういうタイプの人間だけど、恐らく3、4時間PCの前でにらめっこして書いた記事なんだろうなぁ〜っていうのが分かってしまうくらい無駄に見出しとか付けたり文字強調されたりするエントリ上げてるとすげぇ面白い。これ軌跡を残すんじゃなくてこの記事周囲に見られること想定して書いてるだろっていうのがあからさまな奴。啓発的なブログとか。どうせなら女子高生が日常的にデコメ使う気分で文章の語尾に良く分からん絵文字ぶら下げるくらいのdeecooブログみたいな頭悪そうなブログ書けよ。その方がよっぽど軌跡残せるよ。見返した時に自己分析出来まくるよ。そんな明らかに人気ブログとかPR向けのブログ参考にして書いたブログよりよっぽど胸に響くよ。とか思ってます。脳直で書けよ。書き方考えたりとかはあるかもだけど書く内容は考えるなよ、と思います。

ネットでHNを一生懸命考えて、面白い文章を書く人達を本気で尊敬して、でもそういった人達が普段何してるだとか人となりは頑張らないと知ることが出来ない様な、そんな時代が私はネットの本当のあるべき姿だと思うんです。「人と人をつなぐことが出来る」とかそういうこと言う人いるけど、確かにそれは間違いじゃないと思うけど、ネットにしか出来ないことを潰していってしまっている今の世の中の流れが、私は凄い寂しいなと最近凄い感じるようになったんです。

それだけ。
▲TOP | 雑話 | 11:29 | comments(0)trackbacks(0)
11月30日にPerfumeのアルバム「JPN」が発売されましたね。

そんな30日に私はJPNではなく(とは言っても予約はしてます)ワゴンセールに入っていた9nineの「夏 wanna say love U」を買いました。ていうかそもそも定価で買わなくてごめんなさい(´・ω・`)
だってだって、ぶっちゃけ昔はアンチ9nineだったんだもん…メイベリンのマスカラとコラボってた頃が多分嫌い度MAXな時かな…懐かしいな…でも最近ガチきてる。新メンバー加入してからのバランス感ぱねぇ。村田選手が角度に応じてさかなクンになってしまうこととかアイドリング!!の倉田選手と私の中で被ってしまっていたりとか吉井選手が常時ドヤってて時々慄いてしまっていることとか意外と年齢いってる年相応の見た目だとかそういうの抜きにしても今のバランスは以前のものとは比べ物にならないと思う。何よりも一時期最悪だった髪型のバランス!!!!!!!!!!!!上述のメイベリンコラボ時期は荒井選手とかもいらっしゃったのですがみんな髪みじかめ。これねーアイドルグループとしてどう思います????!!!1人もロング担当とかおらへん時代があったのですよ。序列もさも当然かの様に川島選手推す推す推す推す。逆にかわいそうでしたよ。でも今はちゃんと吉井選手といういかにもセンター顔をちゃんとセンターにおくことによってバランスを取っているし、メディア出演の時はちゃんと川島選手の知名度を上手に利用している。そして何より楽曲のレベルが上がっている!夏 wanna say love Uはサビはすげーキャッチ―なのにサビ前までがぱねぇ+PVがPretty girl的な要素を入れつつ何か「あれ?かっこいいんじゃね?」みたいなシーンを(強引に)入れていることによってポップでもアーティストよりでもない微妙なラインに仕上げてきた。そして何よりtoo blueの神曲っぷり。こないだテレビでなぜかこっちが披露されてたけど生でちゃんと披露してたし感心しましたよ。
▲TOP | 雑話 | 02:39 | comments(0)trackbacks(0)
ちょっと前からスタバのフラペチーノが大々的にリニューアル!みたいな感じで全力でプロモーション活動展開しておりますなぁ。でも私始めてその広告見た時あまりの詐欺っぷりに最早笑うしかなかったんですけど。そう思ったの私だけですか。だって、だってさ!何か太田莉菜ちゃんが持ってた「ソイイチゴクリームフラペチーノ」だけどさ・・・

ソソソソ、ソイにする必要性!!

ふっつーにイチゴクリームフラペチーノじゃあかんの?豆乳必須なの?豆乳絶対なの?何でさも当然かの様に+50円された値段の商品をオススメしてくんの?豆乳に変更ってお好みじゃん。そんな全力で豆乳にがっついてないと思うよみんな。スタバって良く分かんないけど無駄に敷居高いらしいから普段そんな行かない人がフラペチーノ頼んだ時に「いらっしゃいませー」「え、う、あ、あの、フラ、フラペ、フラペチーノ」「それでしたらこちら新商品のソイイチゴクリームフラペチーノなどいかがでしょうか?もし苦いのがお好みでしたらエクストラコーヒーノンホイップダークモカチップフラペチーノなどいかがでしょうか〜」「じゃ、じゃ、じゃぁ、そのイチゴの方で」「かしこまりましたーサイズはトールサイズで宜しいですか?」「う、え、あ、あひ」「ではお会計540円になります」「え、あ、はい、え、500円超え?!」みたいな感じになると思うんですよ。んで今プッシュされてる奴大概もろごっつカスタムされてるんですよね。上述のエクストラコーヒーノンホイップダークモカチップフラペイーノとかさ。何このカタカナ羅列。すんげーナチュラルにエスプレッソショット追加されている件。ナチュラルに生クリーム排除されてる件。抹茶クリームフラペチーノも普通に抹茶クリームフラペチーノでいいじゃん。何でデフォルトで豆乳追加されてるのがレコメンドされてるねん。普通メニューのでかでか載ってるの注文しちゃうじゃん。キャラメルフラペチーノもなぜあえてエスプレッソショット追加されてるの?もう意味分からん。

私豆乳好きだしスタバ行くと大抵ソイラテ+バニラシロップ+エクストラホットで注文するけどさ、これあくまでも個人的に楽しめば良いじゃん。
スタバちゃん的にはフラペチーノもそういった感じにしたいんだろうけどそれにしてもオススメしてくる奴が大概普通に頼んだ場合よりも値段高くなってしまっているのが気に食わない。色々カスタムすると新たな美味しさがあるのは分かるよ、分かるけどさ。もうちょっとそこんとこ考えて欲しいと思いましたとさ。今度スタバ行ったら普通にコーヒーフラペチーノとか普通にダークモカチップ「フラペチーノ頼むよ私は。エスプレッソショットとか豆乳とかフラペチーノに求めてないよ。頼むとしても自分で注文するよ。カスタムの押し売り良いよ。

要は皆知らず知らずのうちに高い値段払わされてる可能性ありですよ、注意してね。ってことです。スタバにそんなつもりあるかないかは置いといて!ね!



http://www.starbucks.co.jp/products/?nid=pc_tbn_frappuccino

▲TOP | 雑話 | 01:10 | comments(0)trackbacks(0)
エイベックスのロリロリグループ東京女子流が1stアルバム「鼓動の秘密」を発売する訳ですが、いやー同じエイベックスの迷走グループSUPER☆GIRLSと違ってこちらは今の所スタッフ陣がしっかりしてる。3rdあたりまでは目隠ししながらカーチェイスしていたみたいでしたけど(あ、でもおんなじキモチは好きです)、神曲「ヒマワリと星屑」をリリースしてからはちょっと落ち着いた感ある。そして今度出るアルバムのPV「鼓動の秘密」もまーこれがまた格好良いんですわ。衣装がダサイと可愛いの狭間にあるのが残念ポイントなんですけど(´・ω・`)

新井ひとみが劣化の気配がこの1年では全く見られませんでした。ていうか鼓動の秘密PVで可愛すぎて吐いた。何あれ。超絶美少女過ぎませんか。寧ろ可愛すぎて引く。脅威すら覚える。年齢非公表ですが(まぁ知っているけれども)、この時期のおにゃのこはちょっとほおっておくとすぐ劣化するのに(なるみりこちゃんが典型ね)・・・。あと、このぐらいのおにゃのこって耳年増というか妙にませてるのが良いよね。山邊未夢ちゃんなんかリアル性根腐ってそうで良いよね!!すげぇいじめっこの顔してるよね!!メンバー最年長らしいんですが、山邊未夢ちゃんと小西彩乃ちゃんだけが初潮を既に迎えていて、楽屋とかで「ねぇひーちゃん、イヴ持ってない??急に○○になっちゃって〜」とか言っておきながら「あー、まだ来てないんだもんね、いいなーこの痛み知らなくて!!あ、あーちゃん!!イヴちょうだーい!」とか言ってナチュラルに第二次性徴迎えていないメンバーを小馬鹿にしてるとすげぇ興奮するな!!!ていうかひーちゃんが今年辺り初潮を迎えて初めて生理痛という苦しみを知って、撮影中とかに生理痛に苦しめられるとかすごい興奮するね!2011年の東京女子流はひーちゃんの第二次成長に伴う女性としての体型変化を全力でチェックすると共に、劣化しないかどうかドキドキしながら見守っていきたいと思います!!つーかひーちゃんが既に初潮を迎えていたら私は泣く。あー、あと中江友梨ちゃんも微妙な所よね。庄司芽生ちゃんはね、去年の秋くらいにお赤飯じゃない?知らんけど!!!!!!


5日の女子流@名古屋クアトロは諸事情により行けなくなりました。泣。

鼓動の秘密(初回限定盤)
▲TOP | 雑話 | 23:48 | comments(0)trackbacks(0)
の結果が発表されたじゃないですか。

実は私今年のグラビアJAPANベスト16初御披露目の時現場に居たんですよ。その時から現在までで思ったのは「グラビアアイドルは紙媒体だけの印象が強い」ってことです。グランプリの竹富聖花(スィートパワー)は確かに超絶美少女です。透明感もあるし時折見せる陰な表情も魅力的です。でもね、彼女初お披露目会見の時では間違いなくいちばん「素人臭」があった。それを考えるととっきーとか荻野可鈴とかのがよっぽどオーラあった。でも武富ちゃんが選ばれたのはやっぱヴィジュアルとしての完成度が高かったからなのかな。上手く言えませんが。ていうかこの記事いちど書きあげたのにミスって全部消したから書いた記憶を頼りに書きなおしてるからあんまりうまく書けない\(^o^)/

あ、でも私イベントとか握手会とか現場を否定している訳ではないんですよ。ほら、むしろ私現場派だし・・・。紙媒体では微妙だった子が喋ると「え、この子こんな可愛かったの?」みたいなことになることもめっちゃあるし。だから現場はやめられない。まぁ今回の武富氏はほんと素人臭が強かったからそう感じただけなのかしらん。とりあえずグラビアとかのオーディションがある時に画像と動画があるんだったら絶対に両方見て下さい。写真だけで判断しないで下さい。動画も見てあげて下さい。写真じゃぜんっぜん可愛くない子が動くと光輝く子はいっぱいいますから!!!まぁその逆もあるけど。

とりあえず何って皆現場行けばいいんだよ。

===
今季ドラマはSPECとオダキョー見てます。
フリーター、家を買う。が面白いらしいけど1話見損ねたのでもういいやー
▲TOP | 雑話 | 09:37 | comments(0)trackbacks(0)
最近のレンタルサーバサイトがどんどん消えゆく状況が悲しくてしょうがないです。

我が家にiMacG4が届いたのは恐らく2002年頃で、その時から私の廃人生活は始まりました。それと同時に自サイト作成を始めた私にとっては本当に辛いし、やりきれない。だって、当時中1だったんですけど、確かにその時はブログでもmixiでもなく、<html>というのが間違いなくトレンドだったもの。今は只のブログ寄せ集めの腐りかけサイトとなってしまった「ふみコミュニティ」や登録数が激減してもはや生きてるのかどうかわからない「0574」は当時は本当に活気があって、小学生や中学生も自分でタグを打って、HPを公開していたもん。素材サイトも凄かったし。それに投票数も1位になるには2ケタとか3ケタが当然だった。(今や5票とかで1位になれる)今はランキングも若干やってるけど殆どブログサイトなんだよ、ふみコミュも0574も・・・。それと同時にレンタルサーバの登録をしようものなら登録待ちなんてザラだった。それが今ではフリーメール1つでどこでも登録出来てしまう。同時に昔から頑張っていたレンタルサーバはどんどん消えていってしまう。私が個人的に非常にお世話になっているFREESPACE、めがね部がほぼ同時期に撤退決定した時、本当に私は悲しくなってしまいました。FREESPACEは2013年まで頑張ってくれるみたいだけど、めがね部の無料部門は年内で終了。私が運営しているいくつかのサイトで今最もメインの「omocha」は敬遠し続けていたFC2に泣く泣く移転。(http://skiar.web.fc2.com/)

何かさみしい。インターネットが昔よりも確実に色んな人達にとって身近なものになっているのに、htmlタグのサイトはすたれていって、ブログとかtwitterとか、myspaceとか、そういうのばっか拡がっていってしまったのは。携帯サイトのブームも一時期より終わったしね。(携帯サイトはもとよりタグガン無視だったからあんまり同じ土俵に上げたくないんですけども)

私も今ブログもtwitterもtumblerも使ってるけどやっぱり私がやってて一番楽しいのはタグでHP作ってる時なんです。だって楽しいし美しくないですか?文字を打って、それが画面に綺麗にあらわれた時だなんて、パズルが完成したみたいに嬉しくないですか?そういう経験を皆するべき。



▲TOP | 雑話 | 15:05 | comments(4)trackbacks(0)